陶器の使い方

やきものの種類

やきものと呼ばれるうつわは、大きく「陶器」と「磁器」に分けられます。陶器と磁器はそれぞれ、性質や風合いに違いがあり、取り扱う際の注意点も異なります。




陶器とは

陶器は、陶土(粘土)を原料として、いわゆる「土もの」と呼ばれるうつわです。磁器よりも強度が低く、繊細なうつわですが、土の種類や釉薬のかかり方によってひとつひとつ違いがあり、味わい深い表情を感じることができます。
ざらりとした質感のものが多く、穏やかな雰囲気を醸し出してくれます。土の密度が低いので、吸水しやすく、カビやにおいうつりにも注意が必要です。




磁器とは

「陶石」と呼ばれる白くて硬い石を砕いたものを原料としている磁器。いわゆる「石もの」です。細かな粒子の生地を高温で焼き上げるため、つるりとした手触りが特徴です。磁器は、陶器よりも扱いやすいうつわです。吸水性が低いので、においうつりや色うつりなどもあまりありません。電子レンジや食器洗浄機で使えるものも多いのが特徴です。(金をあしらったもなどは、電子レンジや食器洗浄機の使用はお控えください。)





半磁器とは

半磁器とは、陶器と磁器の良いところをミックスしたやきものです。陶器らしいざらりとした柔らかな風合いと、磁器らしい強度の両方を持っています。オーブンや電子レンジで使えるものも多く、とても使いやすいうつわです。





購入したらやって欲しいこと

「買ったらまずやるひと手間」
陶器を買ったら、美しい状態を長く保つためにもまずやることがあります。吸水性がある陶器は、使ううちに水が染み出してくるのを防いだり、汚れがついてしまうのを防いだりするために、「目止め」を行います。
陶器の種類によっては、目止めをすることで、逆ににおいがついてしまううつわもあるため、うつわの取扱説明書に従うようにしましょう。



「目止め」とは

うつわの目止めには、米のとぎ汁か小麦粉を水に溶かしたものを使います。
うつわが入る大きさのお鍋などに、米のとぎ汁とうつわを入れて、沸騰させます。
沸騰したら、火をとめてうつわを入れたそのままの状態で冷まします。(半日から1日そのままにしておくとより効果的です。)
お米のとぎ汁が冷めたら、うつわを取り出して、丁寧に洗ってぬめりを落とします。その後、よく乾かします。




普段心がけておきたい陶器の使い方

吸水性のある陶器は、使っていくうちに徐々に風合いが変化していきます。色も変化していきますが、あまり変化しない方がいいというときは、使うたびに、さっと水に浸してから使うようにしましょう。(貫入陶器の使い方参照)
水に漬けることで、においや汚れがつきにくくなって、買ったときの風合いを長く保てます。


TOPICS

トピックス

Copyright © Aoi Toukiten All rights reserved.